2018年9月24日(月) 05:33 JST

ローカルからWordPressに投稿するツール

WordPress他CMS ローカルからWordPressに投稿できると便利だなー、ということでいくつか試してみた。早くGeeklog対応のツールも出て欲しい。FCKeditor重すぎ!いずれもWordPress2.6でトライしました。

WindowsLiveWriter
無料、日本語問題なし。過去記事をlocalに持ってきたりする機能はない。table機能付き。

w.blogger
日本語対応できないみたい。UFT-8英語版をinstallすると「tag stringとvalueが合っていない」というエラーメッセージ。OK押すと一応立ち上がるんで日本語入力してみるがIMEで確定する前に勝手に確定されちゃってひらがなのままだったり、ひらがな以前の状態、「か」が「kあ」とかね。当然投稿もエラー、でgive-upです。

blogBuddy
なんか設定の仕方が分からん。2002年の作だと分かったのでなんかやる気が失せました。giveupです。

ecto
これ結構イイ。投稿済みの記事を自動でローカルに持ってきてくれるんで過去記事の管理もできる。youtubeの動画を検索して張り付けるツールも面白い。$19.95は安いんじゃないか?Mac用に開発されたがWindowsバージョンもあり日本語locallizationもされている。開発がコツコツと進んでるのは安心できるよね。メニューの日本語表示が時々変なのはご愛嬌?いや、有料ソフトだからまずいかも?

【08.07.22追記】
windows版は元々AlexHungという人が開発していたが08年3月をもってMac版のAdriaanとはpartnershipを切って別々に開発していく旨のannounceがされている。support furumを読むとLINEARに名前が変わっている?でもecto for windows 2.3.13以外にはファイルがない。どうなっているんだろう?
使ってみると、日本語表示が時々変なのと翻訳されていなくて英語が残っているのがやっぱり気になったので100%英語表示に切り替えて使ってみている。機能が多いソフトの宿命か?ちょっと動作が重いと感じる。時々画面がfreezeする。でも試用期間いっぱいまで使ってみようと思う。templateって言う機能が面白いので使ってます。

xfy blog editor
JustSystemが08年7月から商用公開。JPY18,900、高くないか?MTのライセンスが$14/年だっけ?商用でMTのライセンス払ってる会社なら、どうせ複数のライセンス払ってるんだから、便利になるからこれくらい払えよ、ってか??非商用バージョンは無料。機能は管理できるblogが3つまでに限られる以外は同じみたい。機能の多さはここで取り上げた中で最大。JPY18,000つけただけはある。でも、DLファイルが50MB超えてるし、ソフトとして重い。Word/Excel/PowerPointより重い。サーバーサイドのエディターが重くてローカルのエディターを探してた私にとっては完全にNGです。GeeklogのFCKeditorより重い。

Qumana
Canadaの会社。Macでも使えるし無料。お手軽でいい感じ。日本語も問題なく入力編集できる。blogの記事を全部localに自動で持ってきてくれるので記事管理もできる。デフォルトでは記事の右下にPowered by Qumanaと入るが設定で消せるのが良心的。table機能なし。同社のアフィリエイトメンバーになって収入をshareするsysytemあり。使わなくてもよい。

Zoundry Raven
BlogWriterの開発会社がリリースする後継ソフト。「まだ無料!」とか言ってるんでそのうち有料になるのか?日本語対応問題なし。過去記事のローカル編集等の機能はない。インストール時に「LiveWriterを検出!LiveWriterの設定を引き継ぐか!」と聞いてきてblog別の設定等を自動で引き継いでくれるのは便利かも。