2018年12月19日(水) 00:28 JST

Geeklogのトラックバックシステム 賢い!

Geeklog Geeklogのトラックバックシステムは賢い!
記事を投稿して記事一覧からpingアイコンを押すと「ピンクバック」「ピング」「トラックバック」の3つのボタン。ピングバックはピングとは違うシステムらしい(Atomのこと?不勉強で分かりません。すいません。)のでskip。ピングは登録したピングサイトにピングを送ってくれる。これはMTやWPと同じ。管理者メニュー「トラックバック」からピングサイトを登録できる。最初は「えー?!記事書くたびに一回ずつピングボタン押すのー?めんどいなー!!」と思ったが慣れた。無駄記事や間違いのピングを減らす為、ネット環境を守る為に考えられたのだと思う。

ピングが終わると最初の3つボタン画面に戻り「ピングが完了しました」と表示され、「トラックバック」ボタンを押すと記事の要約と共に相手記事のトラックバックURLが自動的に表示されている。これが賢い!ま、自動ピングできない代わりに便利になってる、ってことか?但し、引用記事が二つ(以上)あるとこの機能は働かなくなってしまい「次の記事の正しいトラックバックURLを探して来い!」となる。これはちょっと不便だなー。せっかく自動でトラバURL探してくれるんだから二つ(以上)自動で表示してくれるか、一つトラバ送ったら次のトラバ画面に遷移するとかなるといいのに・・・・。