2018年9月24日(月) 17:25 JST

WordPressのデータをMT形式に変換、そしてGeeklogへ

WordPress他CMS

MTからWPへの変換ツールや方法はたくさんあるけど、逆はなかなか無いですね。
これ、使ってみます。小物置き場 WxrToMt

変換そのものは終わりました(元記事は話題が一つ、コメントもすべて持ってきた)が、これをmt2geeklogで変換すると何回やっても失敗でした。mt2geeklogでは「アップロードに失敗しました」となります。

そこで、コメントを除きエントリーのみのWPのバックアップファイル(xml形式)を上記リンク先のtool、WxrToMtで変換し、出来あがったtxtファイルをmt2geeklogで変換すると問題なくGeeklogへの記事の移行が出来ました。

 

 =追記=
WxrToMt、記事のコンバート漏れが結構あります。ちょっと気をつけないとですね。
原因を調べて分かったこと。
WPに付いているエクスポート・ツールはwxrというxm形式でファイルを作ってくれますが、この際にWPのエクスポート画面のオプションで「すべて」でなく「投稿」を選択したのですが、この「投稿」にはコメント、それも未承認の投稿も含まれていました。凄くスパムが多かったのでコメントは捨てるつもりだったのですが、コメントが多かったのでWxrToMtが処理に時間かかり、適当に記事が漏れたかもしれません。トライしませんでしたが、xmlファイルをエディターで開いて、コメント部分を取り除いてからコンバートすればもっとうまくいったかもしれません。

結局次の方法でうまく行きました。
http://blog.livedoor.jp/cinefil221b/archives/50414463.html

某社のサービスを使わせていただく方法で、あまり正統とは言えないですが、ホントのMTを使うので確かといえば確かです。最初はWPのエクスポートファイルをそのままインポートしましたが、何度やっても途中で止まってしまうので、前述のとおり手動でコメント部分を完全に削除し、記事だけのすっきりしたxmlファイルにしたところ、約120件の記事がすんなりとインポートされ記事が生成されました。あとは、これをMTのエクスポート機能を使ってバックアップファイルを作成、これをmt2geeklogに読ませればOKです。

mt2geeklog、今度はすんなりと記事のインポートが完了しました。ただ、MTの仕様でしょうか?バックアップしたファイルの記事の中身に改行マークはあるもののHTMLタグを吐き出してはくれないため、Geeklogにインポートすると改行のないグチャッとした記事になります。

改行を再現してくれるツールがあるといいなぁ、と思いました。仕方ないので、新しめの記事だけでもGeeklog上でコツコツ手動で直すことにします。